Business

2021年5月13日(木) 小型SAR衛星2号機「イザナミ」が 日本初(※1)の分解能70cmの画像取得に成功しました! 〜アジマス(※2)分解能70cm、レンジ(※3)分解能70cmを実現!〜

この度、本日2021年5月13日(木)に小型SAR衛星2号機「イザナミ」による分解能70cmの画像取得成功を発表いたします。
約20 社の九州の地場企業と一緒に開発・製造した「イザナミ」はアメリカの宇宙開発企業「スペースX」の主力ロケット「Falcon 9」によって2021 年1 月25 日(月)0:00a.m.に打ち上げられ、1:14a.m.に高度約525km で軌道投入されました。そして同日の朝に、初交信が無事に成功し、30日(土)の朝に収納型アンテナの展開、そして打ち上げより約1カ月後の3月3日(水)に初画像取得を発表いたしました。その後、イザナミは連日順調に観測を続け、この度、分解能1m以下の高精細モード(スポットライトモード)でのアジマス分解能70cm、レンジ(グランドレンジ)分解能70cmの画像取得に成功いたしました(※4)。
市場での高精細画像のニーズは大変高く、2号機イザナミで取得に成功し、技術を実証できたことは、データ提供サービス事業の本格化に向けての大きな前進です。今後はさらに画像品質の安定化を図り、利用プラットフォームの整備をよりスピード感を持って進めてまいります。

(※1) 民間の100kg級小型SAR衛星において日本初を意味します。
(※2) アジマス:衛星の進行方向
(※3) レンジ:衛星のマイクロ波を照射する方向。もしくは、衛星の進行と直交する方向。
(※4) 分解能70cm相当で処理した画像。今後、順次画像評価を行う予定です。