<お知らせ> 新型コロナウィルス(COVID-19)にかかる緊急事態宣言解除に伴う弊社の対応について(2020年5月15日)

まずは新型コロナウイルス感染症に罹患された方および関係者の皆さまに、謹んでお見舞い申し上げます。また、医療従事者の方々をはじめ感染防止にご尽力されている皆さまに深謝申し上げます。

 

弊社は、2020年4月7日の行政当局(福岡県)からの新型コロナウィルス(COVID-19)にかかる緊急事態宣言を受け、4月8日より原則在宅勤務となっておりました。期間中は、お問い合わせがつながりにくい状態などお手数をおかけして大変申し訳ありませんでした。

この度、5月15日より福岡県の緊急事態宣言が解除されましたが、厚生労働省より公表された新型コロナウイルス感染症対策専門家会議による『新しい生活様式』に則り、引き続き、長期的な視点での全社員ならびに関係者の感染リスク軽減と安全確保のために下記の対策を行いながら、衛星初号機「イザナギ」の運用、衛星2号機及び3号機以降の開発業務を行ってまいります。

 

  1. 在宅勤務及びローテーション勤務の推奨

2月28日以降可能な限り在宅勤務を推奨してまいりましたが、引き続き在宅勤務、およびローテーション勤務を可能な範囲で実施し、オフィスでの人との接触を減らす対策を行います。また、衛星運用・管理・開発業務においても必要最小限の人員ならびに必要最低限のスケジュールで行います。

 

  1. 時差通勤の推奨

出社の場合は、通勤ラッシュ時の出退社を回避します。また、可能な限り公共交通機関を避ける対策を行っております。

 

  1. 個人による感染予防の徹底

出社する社員に対しては、オフィスでの身体的距離の確保、マスク着用、手洗い、うがい、アルコール消毒、体調チェックを義務づけると共に、在宅勤務の社員については、感染防止に必要な自己管理を求め、その健康状態についても随時確認をいたします。

 

  1. 各種スケジュール調整

地域の感染状況に注意し、国内外でのミーティング、アポイントメントは可能な限り電話もしくはオンライン会議で実施します。

 

今後も状況を慎重に見極め、全社員ならびに関係者の皆様の安心・安全確保しながら業務を遂行するために、実施内容の見直しを随時行ってまいります。関係者の皆様にはご不便、ご迷惑をおかけいたしますが、引き続き、今後の感染を防止するために何卒ご協力のほど、宜しくお願い申し上げます。

 

※記載させていただいた対応は発表日現在の情報であり、この後の様々な事象によって変更する可能性があります。あらかじめご了承ください。