Business

<速報>2021年3月3日(水) 小型SAR衛星2号機「イザナミ」のファーストライト(※1)画像を公開! 待望の初画像で、小型SAR(※2)衛星としては 日本初アジマス(※3)分解能1.8m、レンジ(※4)分解能0.7mを実現しました!

この度、本日2021年3月3日(水)に小型SAR衛星2号機「イザナミ」の最初の撮影画像(ファーストライト)を公開いたします。
QPS 研究所と約20 社の九州の地場企業が開発・製造した「イザナミ」はアメリカの宇宙開発企業「スペースX」の主力ロケット「Falcon 9」によって2021 年1 月25 日(月)0:00a.m.に打ち上げられ、1:14a.m.に高度約525km で軌道投入されました。そして同日の朝に、初交信が無事に成功し、30日(土)の朝に収納型アンテナの展開、その後、初画像取得に向けた衛星機器の微調整を続け、打ち上げより約1カ月後の本日、この度の画像公開に至りました。発表の通り、イザナミは連日順調に撮影を実現できております。引き続き衛星の姿勢制御の調整を行いつつ画質の向上を図るとともに、本日より分解能1m以下の高解像度モードでの観測を開始いたします。更に今後は、データ提供サービス事業の本格化に向けて、画像品質の安定化、利用プラットフォームの整備を進めてまいります。

(※1)ファーストライト:初画像のことを言います。公開した画像データは衛星の機能を試験・調整している中で初で確認できた試験データになります。
(※2) SAR (合成開口レーダー):電波を使用して地表の画像を得るレーダー。雲や噴煙を透過し、昼夜を問わず観測することができる点が特長。
(※3)アジマス:衛星の進行方向
(※4) レンジ:衛星のマイクロ波を照射する方向。もしくは、衛星の進行と直交する方向。